40代のカサカサや乾燥した肌に化粧水は駄目?

40代になると切実に肌の乾燥を実感してきます。

そんな40代のカサカサや乾燥した肌の原因や化粧水

は実は適していないという事について書いていきます。

 

40代の肌に化粧水?

 

40大の女性の肌

40代の女性の肌はなぜ、カサカサや乾燥するのか?

 

40代の女性にとって肌を保湿する事は乾燥やカサカサから守る

という事以外にも、重要な意味があります。

 

肌が乾燥をすると、ツヤや透明感がなくなるだけではなくて

お肌のバリア機能が低下する為に老けてみえやすくなるのです。

 

保湿というと化粧水などを肌に与える事だと勘違いしている人が

いますがそれは「保湿」にはなりません。

化粧水というのは殆どが水で構成されているので

少しすれば蒸発してしまうので一時凌ぎでしかないのです。

 

それではどうしたらいいのか?というと

水分を蓄え働きのある成分を補おう事が

本当の「保湿」なのです。

 

代表的な保湿成分というと

「セラミド」があります。

 

このセラミドという成分が肌にあるお蔭で

若いうちは肌はカサカサや乾燥知らずでいられます。

 

ただ、このセラミドも40代になると

加齢の影響で急激に減少します。

 

これが、40代で肌がカサカサや乾燥する理由です。

カサカサや乾燥した肌には化粧水ではなく美容液

 

ですので一般的に「保湿」というのは

化粧水ではなく、保湿成分の入った美容液などを

お肌に与えてあげる事を言います。

 

セラミドはターンオーバーとともに

角質で作られますが、年を重ねると

代謝が悪くなるので、作られる量が減ってくるのです。

 

つまり、減った分を付け足してあげるという事です。

 

化粧水では、40代のカサカサや乾燥には意味がありません。

 

保湿美容液でも一番効果が期待できるのは

「セラミド」と言われていています。

ですので美容液でセラミドを与えてあげるのが

一番いいという事ですね。

 

但し、最近になってセラミドの生成も

促す美容成分が注目を集めています。

 

従来は、カサカサや乾燥に保湿成分を

付け足すのが主流でしたが

セラミドの生成を促進する有効成分が認められたのです。

 

それがコチラの成分です。

 

↓ ↓ ↓

 

ライスパワーno.11

 

この成分は、お米から抽出された成分で

肌のセラミドを増やす事ができる有効成分です。

 

つまり、保湿成分であるセラミドを与えるのではなくて

内側から増やしていくので保湿効果としては

これ以上はないという事になります。

 

ちなみに、このライスパワーを使った

美容液がコチラです。

 

私も実際に使いましたが

とても良かったと感じました。

 

40代のカサカサや乾燥した肌におすすめの化粧品です。

 

↓ ↓ ↓

 

「ライスビギン」オールインワン

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ