痛まない白髪染めとは?

年齢とともに、白髪がでてきて困る方も多い方と思います。そこで必要なのが痛まない白髪染めです。

今回は、でもこの白髪染めは、頻度ややり方に気をつけないと頭皮や髪を傷める事になります。

ここでは、痛まない白髪染めのやり方について解説していきます。

 

白髪染め

 

白髪染め(カラーリング)の仕組みは?

 

一般的に白髪染め(カラーリング)とはは、脱色と染色を同時におこないます。

その仕組みは、アルカリ剤というもので髪を膨張させてキューティクルを開きます。

 

そして、 脱色と染色を白髪染めはおこなうのです。

 

つまり、髪の毛の表面で全体を守っているキューティクルが開きますので

どうしても髪の毛に負担がかかります。

 

通常のカラーリングと違って白髪染めは、「低アルカリタイプ」という

比較的、髪には負担の少ないものを使用していますが、頻度やあまり

低品質の「白髪染め」を使用すると、前述の通り髪の毛と頭皮を傷めます。

 

適切な白髪染めの頻度に関しては、どんなに多くても

月1回までが限度だと言われています。

痛まない白髪染はどうしたらできる?(ヘアマニュキュア)

 

以上の事を踏まえると、傷めない白髪染めとしては

ヘアマニキュア」が挙げられます。

 

「ヘアマニキュア」とは、脱色をしないでカラーリングをしていく方法です。

その名の通り、髪の毛に色素をつけて白髪染めをするのです。

 

爪にするマニュキュアと同じですね。

 

ですがこれには、カラーリングと比較してあまり長持ちしないという

デメリットがあります。

 

但し、カラーリングと比較して髪を痛めませんので

美容院の間のちょっとした隙間に活用できるメリットがあります。

 

私がおすすめするマニュキュアの白髪染めLpLp(ルプルプ)です。

天然素材で作られたの白髪染めです。

 

LpLp(ルプルプ)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ