正しいファンデーション選びとは?

当たり前ですがファンデーションは、ご自身に合った選び方をする事が大切になってきます。

自分の肌質に対してミスマッチな組み合わせになってしますと最悪の結果になります。

 

常日頃からちゃんとお肌のお手入れをしていてもここで、間違ってしますとその努力が台無しです。

しっかりと乾燥肌なのかそれとも脂症なのかによって選ぶべきファンデーションが違ってしまう事を知りましょう。

 

頻繁に化粧崩れや”てかり”が見受けられる場合は、そもそも使っているファンデが適切なもの出ない

可能性も 考えられます。

 

また、ファンデーションは肌に負担も掛けますので

実は日によって使うファンデのタイプを変えるが理想的なのです。

 

ファンデーション画像

 

具体的にファンデーションってどう選べばいいの?

 

ファンデーションには大きく分けて

 

パウダー

クリーム

リキッド

 

の三種類があります。

 

これらの種類は、ファンデーションの主成分となる粉(顔料)と水、油の配分で

異なってきます。

 

ちなみに、一般的にはお肌に一番負担が少ないのは

パウダーファンデと言われています。

 

理由は、パウダーは水を含まないので、その分

界面活性剤や防腐剤などの含有率が低いからです。

年齢や状況によってファンデーションは使いわけた方が良い

 

では、パウダーファンデを使えば良いのかというとそう単純ではないから

難しい所です。

 

なぜなら、パウダーファンデは、どうしてもカバー力がなかったり

ムラが出来てしまうという弱点があります。

 

ですが、若い方はそこまで、メイクを施す必要のないので

お肌を 守る為にもパウダーファンデをオススメします。

 

ある程度の年齢の方で、シミなどが気になる方は、人目に触れる時には

クリーム・リキッドであまり念入りなメイクが必要ない時は

パウダーを使うと良いでしょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ