拭き取り化粧水とは?効果や使い方

みなさんは化粧水、何本持っていますか?
冬のカサつく肌用の保湿系、ニキビ対策の薬用、美白やたるみに効果のある成分が入った美容液系まで

幅広くあるので、数本常備なんて方もいるのではないでしょうか。

それらの化粧水をきちんと肌の奥に届かせる為にクレンジングや洗顔で汚れを落とすわけですが、

落としきれなかったメイクや洗顔料が残っている人、結構いるんです!

 

そこで今話題なのが「拭き取り化粧水」です。

 

化粧水使用

 

拭き取り化粧水の概要

 

化粧水が肌に合わなくて荒れたり赤くなったりしたと思っていても、

実は残った汚れのせいって事もあるわけです。
そこで役に立つのが”拭き取り化粧水”です。

洗顔後に使用し残った汚れを除去する事で、

今使っている化粧水の効果を引き出してくれるはずです。

 

その為にまず、拭き取り化粧水の役割を知りましょう。
普通の化粧水は肌にプラスしていくものですが、

拭き取り化粧水は肌をゼロにする為のものです。

ゼロというのはつまり何もない状態にするものです。

 

拭き取り化粧水を使用する際の注意点は?

 

肌の汚れや角質・皮脂も取るので、肌は無防備な状態で外気に晒されているのです。
拭き取り化粧水を使った後はすぐに潤いを補い、保湿性のあるもので蓋をしなければいけません。
そのまま放置していると肌はこれ以上水分を逃すまいと過剰に皮脂を分泌し、

”隠れ乾燥オイリー肌”になってしまいます。

 

隠れ乾燥オイリー肌になると不足した油分を補おうと、

過度の油分が出始めますので、テカリの原因になるだけでなく、肌の調整バランスも
おかしくなってしまいます。とても危険な状態と言えるでしょう。

そういった意味でも拭き取り化粧水後はクリームなどで早めの保護が必要になってきます。

髪の毛の生え際、顔と首の境目も忘れない様にしましょう。。

 

ファンデーションや洗顔料が残りやすいキワ。

汚れたままにしておくと肌荒れの原因になる。

それとピーリングをした後はしない事です。

除去しすぎてマイナスに。過剰に乾燥したり、ヒリヒリしたりしてしまう。
この場合は拭き取りよりも保水、保湿程度の化粧水効果にとどめておくべきですね。
ぬるま湯での洗顔後に、拭き取り化粧水をコットンに多めにつけて、肌の表面を優しく拭き取る。
化粧水の量が少ないと、コットンの繊維で肌に摩擦が生じて傷めるからです。
この場合には使う量をあまりケチケチせずにたっぷりと使って肌を潤わせましょう。

 

拭き取り化粧水と導入液の違いと使用する順番

 

最後に、拭き取り化粧水と導入液ですがニュアンス的には

似ていますが厳密には違います。

導入液は、化粧水の後の美容液などの美容成分の浸透を高めるものです。

 

つまり、

 

拭き取り化粧水 = 汚れを除去してくれるもの

導入液(ブスーター)= 浸透を上がるもの

 

目的が同じでも方法が違うといった所でしょうか。

 

使用する順番としては、

拭き取り化粧水⇒導入液の順番になります

ちなみに、拭き取り化粧水で使ってみて良かったのは
コチラの拭き取り化粧水です。

保湿成分も入っているので、初心者にも使いやすいと思います。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ