必要な紫外線対策は一つではない!

美容の中でも欠かせないのが紫外線防止です。
基本的には肌に紫外線をあてないように、日焼け止めを塗ることですね。

 

しかし、日焼け止めは肌に馴染むのに少し時間は掛かるうえ、

2時間ごとに塗り直す必要があるそうです。

 

そして、塗る量を妥協してしまえば、効果も減ってしまうのです。

それから、日焼け止めはお肌に負担を掛けているので

長期の使用はあまり好ましいものではありません。

紫外線

 

紫外線対策には、帽子を日傘を

 

ですので日焼け止めだけでなく、日傘や帽子も忘れずに使いたいですね。

特に、山や海といった特に日差しの強い場所や

屋外で日焼けするくらいの日差しを浴びるのでなければ

できれば、

 

日傘や帽子 + パウダーファンデーション

 

がおすすめです。

パウダーファンデでUVケアをする

 

パウダーファンデは、それ自体に紫外線を跳ね返す

力があるので、軽いUVケアとしてはおすすめです。

 

肌は紫外線で、シミやシワなどの老化の原因となりますし

髪が日焼けをしてしまうと、乾燥を起こしたり

艶がなくなるそうですので、油断せずに対策をしたいものです。

 

内側からの紫外線対策

 

もちろん外からの紫外線対策も大切ですが、内側からの紫外

線対策も重要です。

 

食べ物の中には紫外線によるダメージを回復させたり、

シミの原因になるメラニン色素を抑える効果があるそうです。

トマトやかぼちゃ、にんじんがおすすめです。

それでも日焼けをしていまうことがあるかもしれません。

 

また、万が一、日焼けをした場合は、

肌を冷やし、しっかり保湿するのが大切なのだそうです。

 

強い日焼け止めを塗った後の肌も、優しくいたわりたいものですね。

夏の肌はスキンケアではとくに紫外線対策が必要になってきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ