基本的なスキンケアの手順とあなたのコスメ診断

スキンケアというと非常に難しく響きますが基本は本当にシンプルです。

洗う」「補う」 +「保護する」=スキンケアなのです。

「洗う」「補う」は、大抵の年齢の方にも必要な手順ですが、「保護する」はある程度の

年齢に必要なので+と表現しました。

 

いずれにしても、スキンケアの基本的な目的は上記の通りです。

その目的を理解すれば、自ずとどんな化粧品、コスメを選べば良いかは

変わってきます。

 

スキンケア

 

具体的なスキンケアの手順と適したコスメ

 

それでは具体的な、スキンケア流れとどんなコスメを選べば良いのか

解説していきます。

「洗う」に必要なコスメ

 

「洗う」というのは具体的にはクレンジング&洗顔です。

 

クレンジングコスメに求める事

 

クレンジング料は、オイル、クリーム、ジェル、ミルク、ローションなどの

タイプがあります。

 

ですが、理想なのは洗浄力が程々にあって肌への負担が少ないものです。

洗顔料に求めらるコスメは?

 

洗顔料は、固形石鹸、フォームタイプ、ジェルタイプ、泡タイプ、パウダータイプ

ミルクタイプなどがあります。

 

洗顔料を選ぶ時には、肌の汚れをしっかりと落すものが理想です。

 

個人的には、泡洗顔ができる泡立ちの良いものや洗顔後も肌が

しっとりしている洗顔料をオススメします。

 

補うコスメの選び方

 

補おうコスメは化粧水、美容液、乳液が該当します。

それぞれのコスメについて解説します。

 

化粧水について

化粧水は、清涼感を得る為や美容液の通りを よくする為に使用します。

更に、潤い成分や何か美容にプラスの成分が含まれているのがオススメです。

特にビタミンC誘導体はお肌にはオールマイティーなので理想的です。

 

美容液や乳液について

 

美容液や乳液の主な役目は肌に足りない成分を補う為に使用します。

一番に重要なのが保湿成分です。

代表的な成分としては、セラミドなど挙げられます。

 

また、年齢によっては、肌に油を足してあげる事も必要です。

 

保護するコスメ

 

保護するのはクリームの役割です。

この目的は、美容液の成分に蓋をして逃げない為に使います。

 

肌が乾燥しやすい年齢に必要になってきます。

 

 

最後に大切なのは、コスメに絶対はないを知っておく

 

もう一つ大切なのは、「万人に合うコスメ」はないという事です。

人の肌は、年齢、状態、季節によって変わってきます。

アレルギーも人によって異なります。

 

上記の通り、コスメにも求められる要素は変わりませんが

ぜひ、ご自身の肌の状態とどんなコスメが最適化を把握する

事で一段上のスキンケアとコスメ選びが実現できる事を理解下さい。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ