ダイエット中の正しいメニューと食事について

 

毎日、バランスのとれた食事をしていると、体そのものが健康になる
だけでなく肌や髪なども美しくなります。
どんな高価な美容液をつけたとしても、食べ物で体の土台を作ること
をおろそかにしていては、痩せることも美肌になることも無理なことな
のです。

 

ダイエット

ダイエット中のメニューと食事の考えて方の基本

 

メニューと食事の考え方はダイエット中でも変わりません。

 

食事制限をしてダイエットをすると、タンパク質が不足がちとなり肌
を体の内側からケアすることができなくなってしまいます。

肌も髪も、すべて細胞が新陳代謝することで毎日生まれ変わっています。

例えばビタミンやミネラルといった栄養素が不足する食事がしばらく続
くと間違いなく肌はみずみずしさがなくなり、シワが目立ってきます。
食習慣を見直し、痩せて美肌になるメニューと食事方法を取り入れてみましょう。

 

どんな食事のとり方がダイエット中はいいのメニューは?

 

三度の食事は腹7分目から8分目を守りましょう。
しっかり噛んでゆっくり味わうようにすると満腹感が得られます。
とりあえず空腹を満たすといった食事は止め、テーブルセッティングなど
をして優雅に頂きましょう。

 

良質のタンパク質をとりましょう。
肉や魚、卵や乳製品、大豆製品などには,弾力のある肌を作るコラーゲン
が含まれています。野菜ばかりならいいわけではないので、タンパク質

を含んだ食事もメニューに加えていきましょう。

 

緑黄色野菜をたっぷりとりましょう。
ニンジン、ピーマン、トマト、小松菜、ホウレンソウ、ブロッコリーなど
の緑黄色野菜にはビタミンA,B,C,Eが豊富です。これらのビタミンは体内
の老化の原因となる活性酸素を取り除く働きがあり、肌の老化を防ぎます。

メニューに組み込みましょう。

 

・間食も楽しみましょう。

間食の習慣がある人は無理にやめるとストレスとなり、頭の中がスイーツ
でいっぱいとなり、とつぜんドカ食いをする恐れがあります。

同じケーキでもモンブランなら1個が500cal近くありますがチーズケーキだと約半分
のカロリーです。さらに、黒蜜まめ寒天だと180calまで落とせます。

・食事の順番を考えて食べましょう。
食事はまず植物繊維から先に食べるようにしましょう。キノコ類や野菜類を
先に食べ、次にスープや味噌汁を食べるようにすると、主食の炭水化物の食
べ過ぎずを防ぐことができます。

・アルコールも、ほどほどに楽しみましょう。
間食と同じでアルコールもまたほどほどに楽しまないとストレスが溜まります。

ビールなら1本、日本酒なら1合などと自分で決めて飲みましょう。
酒のあてもカロリーの高い唐揚げだと一皿約500calもありますが、焼き鳥
だと1本が80cal前後です。居酒屋さんなどで飲むときも、カロリーが少
なめのものをチョイスしましょう。

・寝る前の3時間は食べないようにしましょう。

寝る前に摂取したエネルギーはほとんど消費しないまま脂肪として体内に
蓄えられてしまいます。空腹を感じたら温かめの、おさ湯などを飲んで
寝てしまいましょう。

 

まずは食事を見直すことで健康な体になりましょう。健康な体はやせやすい
体ともいえます。美しい肌は後からついてくるでしょう。

上記を踏まえて、メニューや食事の摂り方も変えていくと効果的です。
 いったん身についた食習慣は簡単に変えることは難しいかもしれませんが、
上記の中から自分ができること一つでも二つでもやってみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ