シミ対策と化粧品についての注意点

年代別の肌悩みで、常に上位に君臨するのが「シミ

での悩みです。

 

なんと、

30代・40代共に第1位、50代は第2位、20代でも第3位と、

どの年代でもトップ3には必ず入ってきます。

 

世の女性たちが、一度は美白化粧品を手に取る理由が納得できますね。

 

 

シミ

 

シミ対策の基本

まずは、 毎日日焼け止めを塗ることは基本です。

シミを増やさない・作らせないためには紫外線から肌を守ることが必要です。

夏以外はあまり気にしていない人も多いはず。ですが、それは大きな間違いです。
夏に限らず、一年中紫外線は降り注いでいます。

日中室内にいる時ですら、窓から差し込む光と共に紫外線を浴びています。

日焼け止めは季節関係なく毎日塗りましょう。

 

紫外線をたくさん浴びるとわかっている前日・紫外線をたくさん浴びた翌日は、

いつものスキンケアよりも入念なスキンケアが大切です。

 

シミ対策と保湿について

 前日は十分な保湿を行うことです。
紫外線を浴びると肌の水分が急激に奪われます。

水分が不足しているところに、紫外線の肌への刺激が重なることで、シミの原因になることも・・・

それを防ぐためにも、しっかりと肌に水分をため込んでおく必要があるのです。

 

特に、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドといった、

水分保持に特化した成分がたっぷり入った化粧品を選びましょう。お化粧水でのローションパックがオススメです。

 

ただ、ローションパックをすると、化粧水の減りがかなり早くなるので、

いつもの高い化粧水ではちょっと・・・と思う人もいると思います。

そういう人は、ローションパック用にプチプラ化粧水を持っておくと惜しみなくたっぷり使えますよ。

 

シミ対策の化粧品選び方

 翌日は、保湿+美白、Wのケアが重要になり48時間以内が鍵です。
紫外線を浴びてしまったら、シミの原因になるメラニンの生成が活発になるます。
メラニンの生成を抑制するためにも美白化粧品は欠かせません。

 

紫外線を浴びてから、どれだけ早くケアをするかで、

メラニンの生成される数や大きさが変わってきます。2日以内が勝負です。
中でも、ビタミンC誘導体という美白成分は、

これから作られようとするメラニンを抑制することも、

既にできてしまったメラニンにも薄くすることもできる優秀な成分です。

コラーゲンとの相性も良く、一緒に使用することでお互いの効果がより高まると言われています。

 

その他にも、アルブチンやプラセンタ、ハトムギエキスやユキノシタなども聞き馴染みのある美白成分です。

美白化粧品は、美容液を選ぶことをオススメします。
30代・40代には、アンプルール、ビーグレンの美白化粧品が人気みたいですね。

 

シミ対策は毎日の紫外線対策から始まります。「保湿」と「美白」、

「日焼け止めでブロック」この3つのポイントを抑えてシミに悩まない肌になりましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ