クレンジングの種類と正しい使い方

ouメイク落とし、またの名をクレンジングとも言います。

最近では洗顔前に行うのが主流で、その種類も増えてきました。

クレンジングもオイルにミルク、クリームにジェルと種類が多くて

どれを使えばいいのかわかならくなりますよね。

そんな方は、それぞれの特徴を知り、

自分の肌質とメイクに合った正しいクレンジングの使い方をしてきましょう。

 

クレンジング

 

クレンジング料の種類は?

 

 

ではまずオイルクレンジングから使いこなしてみましょう。

オイルクレンジングで大切なのは乳化(オイルと水をよく混ざり合った状態に)させる事です。

オイル系のパスタに茹で汁を入れるのと同じですね。

オイルを顔の上に伸ばし指の腹で優しく撫でたら即、すすいでいませんか?

それではオイルの滑りを取る為に何度もすすぐか、あるいは高めのお湯ですすぐことになって

結果肌の潤いを奪ってしまう事になります。

 

オイルクレンジングの正しい使い方とは?

 

指の腹で優しく撫でたら次は、手のひらに残ったオイルに水を数滴加えてなじませます。

すると白く濁るのですが、これが乳化です。

この白く濁ったオイルを顔全体につけて、更になじませて下さい。

1回でうまくなじまなかった場合は、顔全体が白く濁るまで繰り返して下さい。

後はぬるま湯で洗い流せばOKです。

 

リキッドのクレンジングの正しい使い方とは?

 

リキッドのクレンジングの良い点は、水がベースなのでお風呂の中でも使用可能!即効性がある物も多く、

短時間で洗顔行程まで持っていけます。

が、即効性がある為か洗浄力をそこそこシッカリありますので、

乾燥肌や敏感肌には向いていないかもしれません。

長時間使用したり、毎日毎日洗浄力の強過ぎる物の使用は肌の為になりませんので、

適切に見極めて使いましょう。

 

また、難しいのがウォータープルーフタイプのメイクやマスカラなどです。

なかなか落ちにくく、CMなどでは簡単に汚れが落ちるとうたってありますが、

そうそう簡単ではありません。

かといって強く擦ったりすると肌自体を悪くしてしまいますので、

慌てず丁寧に汚れを落とす様にしましょう。 肌に傷をつけてしまっては元も子もないですからね。

 

ミルクタイプのクレンジングの正しい使い方

 

ミルクタイプのクレンジングもあり、肌の潤いを守りながら汚れのみを落としてくれるのが特徴です。

理にかなっているのですが、協力な洗浄力が少ないのも特徴の1つです。

 

ポイントメイクなどの協力なメイクは落ちにくいので、

無理をしてミルクタイプ1本で行くよりは複数のものでクレンジングしていくと良いでしょう。

 

色々なクレンジング剤がありますが、それぞれに特徴がありますので、

購入の際には必要な物だけを購入して使用しましょう。

 

メイクの種類で必要なクレンジングも変わってきますので、

上手にメイク落としを行い、美肌造りの第一歩として下さい。

綺麗な汚れ落としから全てが始まります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ